喫煙率は下がっているのだろうか?
たばこ税の増税などの影響

禁煙者って増えてるの?喫煙者って減ってるの?


喫煙率・禁煙率の調査結果

厚生労働省が不定期(調査していない年もあります。)に調査をおこなっている『国民健康・栄養調査』。

幾つかある項目の中で、「飲酒・喫煙に関する情報」というものがあります。

そこには、喫煙の状況・禁煙意思の有無の情報・受動喫煙の状況・受動喫煙防止対策の推進を望む場所と言った、タバコに関する調査結果が掲載されています。

このページでは、そんな気になる最近の喫煙者の増減などを数値でご紹介。
また、男女別での喫煙・禁煙結果なども知ることが出来ますので、チェックしてみて下さい。

*数値結果は厚生労働省のHPを参考にしています。


禁煙・喫煙調査結果の概要- 平成25年度 -

◇ 喫煙の状況

現在、タバコを習慣的に喫煙している者の割合を示した数値です。
ここで言う喫煙者とは、「毎日吸う」「時々吸う日がある」が含まれています。


◇ 禁煙意思の有無の状況

現在、喫煙を行っている20歳以上の男女に対して調査を行った結果、「タバコをやめたい」「禁煙をしたい」と回答した割合を示しています。
*平成24年度は行われていません。


◇ 受動喫煙の状況

自分以外の人が吸ったタバコの煙を過去1か月間において吸った経験がある者の割合を示しています。
*他にも項目がありますが、主な場所を抜粋して掲載しております。


◇ 受動喫煙防止対策の推進を望む場所

このアンケートは、喫煙者・被喫煙者両方に調査した結果です。
*他にも項目がありますが、主な場所を抜粋して掲載しております。

こう見ますと、喫煙者がやはり減少しているように伺えます。
それと共に禁煙願望者の数も比例して減っているようです。

ただ、平成22年の禁煙意思の多さにはチョッと目が行きますねぇ。
やはり増税の影響でしょうか・・・。

更に禁煙場所の要望としましては、飲食店や路上、子供の利用場所が高い割合となっています。

個人的にも、飲食店での禁煙は非常に解る気がします。

それと子供関連は、親御さんにとっては大きな関心事なので数値が上がっています。

もっと詳細を知りたいと言う方は、厚労省のHPをチェックをしてみて下さい。
» 厚生労働省

禁煙をもっと楽しく!お洒落に♪そんな貴方におススメしたい電子タバコ
次世代型電子タバコで禁煙スタート

ノーニコチン!ノータール!禁煙するなら次世代型の電子タバコで!

VAPE(ベイプ)カルチャー発信の地とされるカリフォルニア州。そんな場所から誕生した電子タバコは、手に持って見ているだけでも楽しくなってしまうアイテムばかり!

またアメリカ発という事もあり、そのデザイン性は男女を問わず多くの人から支持を得ています。

更に、バラエティー豊かな香りとその安全性を誇るフレイバーは、気分によって色んな香りを楽しみたい♪とおっしゃる方にも最適です。

加熱式タバコとは違う、発がん性物質を一切含まない、真の「禁煙グッズ」。
それが、VAPE(電子タバコ)です!

» VAPE(電子タバコ)とは?

禁煙完了:カテゴリ

» 禁煙する前に知っておきたいコト 管理人による禁煙 体験記。その体験から解ってきたタバコに関する事をご紹介
» 禁煙日記:禁断症状との闘い 管理人による禁煙日記をご紹介。現在も続いている禁煙生活を日記形式でご紹介
» 禁煙方法:禁煙して解ってきたこと 管理人による禁煙 方法、並びに禁煙して解ってきた事をご紹介
» 禁煙関連用語 解説 知っているようで知らないニコチンやタール、禁煙バッチなどの禁煙関連用語を解説


Copyright(c) 2006 Tobacco Road. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com