電子タバコってなに?
人気禁煙グッズの筆頭!それが電子タバコ

禁煙スタートに最適な禁煙グッズ。それが電子タバコ!


禁煙グッズ:電子タバコ

数年前にネット通販を中心に販売され、禁煙グッズの新たなアイテムとして注目を集めた『電子タバコ』。

当初、欧州メーカーを中心に広まり、その後国産メーカーも参戦して数多くの電子タバコが世に送り出されました。

しかし、安全性を唄っていた反面、ごく一部の商品から発がん性物質が検出され、一時期その数は激減してしまいました。

ところが、電子タバコ(Vape)発祥の地でもあるアメリカで、また最近ブームが起こり、我が日本でも電子タバコの人気が再熱し始めました。

その最大の理由は、更に向上した安全性と、女性でも手軽に楽しめるそのデザイン性が受けているようです。

しかし、ココで疑問がぁ。
そもそも、電子タバコってどんなモノなのでしょうか?・・・。

電子タバコって、そもそも何?

電子タバコ:アトマイザー

◇ 電子タバコの煙

画像は、電子タバコの主要部品でもある「アトマイザー」というものです。

電子タバコの煙は水蒸気です。
そして、その水蒸気を発生させるのが、このアトマイザーの役目。

アトマイザーの中にフレーバー(香りの素)となるリキッド(溶液)を注入。
そのリキッドはコイルで熱せられ水蒸気に変わり、その煙(水蒸気)を吸い込むという仕組みです。

電子タバコ:フレーバー

◇ フレーバーって何?

電子タバコの煙の原料となるのが、このフレーバー(リキッド)です。

以前は、この溶液にニコチンや人体に影響を及ぼす物質が含まれていたとして、問題となっていました。

今現在では、安全性の基準が高められ、またその基準によってブランド価値が上がるとして、更なる安全性への取り組みが進んでいます。

気になるその成分ですが、主にPG(プロピレングリコール)やグリセリン、香料等などが含まれています。

これらは、化粧水やベビー用品、医薬品、食品などに幅広く使用されており、どれも安全性が確認されている成分ばかりです。

更に、フレーバー自体の香りも多岐に渡り、幅広いニーズに応えるべく多くの種類が提供されています。

電子タバコ:バッテリー

◇ シンプルな構造

当サイトでご紹介しているのは、ペンタイプのVAPEです。
初心者が先ず利用するのには、ピッタリな電子タバコと言えます。

組み立て自体も、バッテリーとアトマイザーをネジタイプのジョイントで結合させるだけ!
また、充電もコンセント&USB対応。

操作性も一つのボタンで電源のON/OFF。そして、水蒸気の量もバッテリーの電圧を変える事で可能。
その際、同じボタンで操作を行います。(水蒸気の量は、空気弁を調整する事でも行う事が出来ます)

JTやフィリップモリスなどでも電子タバコは提供されていますが、こちらはタバコの葉を使用したタイプです。

表示義務はありませんが、ニコチンやタールが含まれていますので、お間違えの無いように!

電子タバコと加熱式たばこの違い

電子タバコと加熱式タバコの違い

◇ 加熱式タバコとは

加熱式たばこは、ブレンドされたタバコの葉をペースト状に加工されたモノを使用します。

本体のヒートスティック内で正確に制御された温度で加熱され、本来のタバコの香りと旨味を引き出す事が出来ます。
因みに、『加熱』と記載しましたが、実際には燃やしてはいません。正確に言うと「温める」でしょうか。

その為、紙巻タバコのような煙や灰が出ず、臭いも抑えれています。

また、通常のタバコは温度が800℃ほどになりますが、加熱式タバコの場合は、火を使わず350℃ほどの温度で加熱するので、タールが殆ど出ません。

タールが発生しないという事は、タバコによる発がん性物質の9割ほどが削減出来る事となります。

しかし、タバコの「旨さ」の要因でもある『ニコチン』は含まれているので、紙巻タバコに親しんだ喫煙者にとっては、ある程度納得のいく吸い応えとなっているようです。


◇ 加熱式タバコと電子タバコは、何が違うのか

加熱式タバコを『たばこモドキ』とするならば、電子タバコは『フレーバー吸引器』とでも言いましょうか・・・。
要するに、まったくの別物です。

上記でも記載したように、電子タバコにはタールやニコチンなどの有害物質は一切含まれていません。
香りの成分を水蒸気に混ぜて吸引するモノです。

加熱式タバコは、ニコチンが含まれています。その為、禁煙グッズとしてではなく、あくまでも健康に少し気遣った、副流煙問題に配慮された『たばこ』と考えるのが解り易いかも知れません。

| 女性でもオシャレに使えるのが、この電子タバコ♪
『ザ・フレンバー・ショップ』

香りと風味を楽しむ新しい嗜好品♪

欧米の電子タバコと言えばこのスタイル!
日本製によく見られるタバコ型のそれとは違い、なんだかアクセサリーのようなお洒落な感じが特徴的です♪

女性に敬遠されがちだった電子タバコですが、このスタイルならファッション感覚で使えそう!

実際、利用されてらっしゃる方のインタビューも公式サイトに載っているので、是非チェックしてみて下さい。

気になる安全性と利便性

やっぱり気になるのが、フレーバーに使われている成分の安全性ではないでしょうか。

Frienbr(フレンバー)』で提供されているフレーバーリキッドは、大手国内メーカーの化粧品や医薬部外品なども製造・生産されている大阪の工場で製造されており、品質管理においても徹底されています

また、安全性においても第三者機関に検査を依頼し、ニコチン含有量0!と証明されました。

こちらに関しても、サイトで詳しく掲載されていますのでご確認下さい。

因みに、フレーバーの種類は全部で7種類。
デザインもバッテリー、アトマイザー別に豊富なカラーバリエーションが用意されています。

どれも女性のニーズにしっかりと応えた香りとスタイルばかりです♪

あと気になるのが、使い方。
何だか難しそうな感じもしますが、一度試してみると簡単に組み立てが出来ます。と言うか、組み立てる事自体が楽しくなってくるかもしれません。

今なら期間限定で一部商品がセール価格で提供されています!最大30%OFF!!
是非、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

ザ・フレンバー・ショップ
| 男性やヘビーユーザーの方におススメな電子タバコ
JPvapor(JPベポ):次世代型電子タバコ「Eリキッド&ヴェポライザー」

次世代型の電子タバコ「Eリキッド&ヴェポライザー」

VAPE(ベイプ)カルチャー発信の地とされるカリフォルニア州に拠点を持つ日系企業が、最高の安全性と最新のデザイン性を兼ね備えた電子タバコをご提供!
それが『JPvapor(JPベポ)』です。

手に持って見ているだけでも楽しくなってしまうこのベポライザー!
アメリカ発という事もあり、そのデザイン性は男女を問わず多くの人から支持を得ています。

また、バラエティー豊かな香りとその安全性を誇るEフレイバーは、気分によって色んな香りを楽しみたい♪とおっしゃる方にも最適です。

JPvapor(JPベポ)のEリキッドは安心安全

アメリカの安全性の基準は日本よりも上!

イメージとしてどうしても気になるのが、発がん性などの問題による安全性ではないでしょうか。

しかし、意外な事に日本の成分規定より厳しいのがアメリカの基準<FDA(厚生労働省のような機関)>なんです。

それもそのはず。VAPE(ベイプ)カルチャー発信の地はアメリカであり、そしてその母国には1万7000店舗以上の専門店が既にひしめき合っています。

そうなると様々な問題が過去に生じ、それに対しての安全性の強化も必然的に進んでいるという事になります。

実際、『JPvapor(JPベポ)』の公式サイトには健康被害等の詳細や発がん性物質等の検査結果などが掲載されていますので、是非、そちらもチェックしてみて下さい。

JPvapor(JPベポ):次世代型電子タバコ「Eリキッド&ヴェポライザー」

色んなスタイルから選べる豊富なデザイン性!

先ずは、VAPEに必要な全ての製品が揃い快適なVaporライフをスタート出来るスターターキットから!

見た目や品質とは違い、そのリーズナブルな価格に驚かれることでしょう。

また、多くの違ったニーズに応えるべく、そのスタイルやデザイン性の豊富さにも定評があります!

JPvapor(JPベポ)』の公式サイトは、とにかく見やすくてとってもオシャレ♪

見ているだけでも何だか楽しくなってきます。


次世代型電子タバコ「Eリキッド&ヴェポライザー」

禁煙完了:カテゴリ

» 禁煙する前に知っておきたいコト 管理人による禁煙 体験記。その体験から解ってきたタバコに関する事をご紹介
» 禁煙日記:禁断症状との闘い 管理人による禁煙日記をご紹介。現在も続いている禁煙生活を日記形式でご紹介
» 禁煙方法:禁煙して解ってきたこと 管理人による禁煙 方法、並びに禁煙して解ってきた事をご紹介
» 禁煙関連用語 解説 知っているようで知らないニコチンやタール、禁煙バッチなどの禁煙関連用語を解説


Copyright(c) 2006 Tobacco Road. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com